Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

アモママブログ

あっという間に時が過ぎ・・・何かにチャレンジしたくてブログに挑戦!

歯の被せ物(クラウン)、長持ちさせるためには?

被せ物(クラウン)をすれば、むし歯になりにくくなる・・・

そう思っている方も多いと思います。実は、被せ物によっては、むし歯になり易くなるのです。むし歯の治療のはずなのに、どうしてむし歯になり易くなってしまうのでしょうか。

f:id:hakeyoe:20170410125030j:plain

むし歯のなり易さは、歯ブラシやフロス・歯間ブラシなどでの清掃性の影響を受けます。要は、むし歯の原因である歯垢を落としやすい被せ物であるかどうかなのですが、清掃性は被せ物の材質よりも被せ物の精度の影響を大きく受けます(歯面清掃用ハンドピース)。

被せ物の精度とは、歯と被せ物との繋ぎ目がピッタリ合っているかどいうかです。その繋ぎ目が上手く合っていないと、そこに歯垢が溜まりバイ菌の巣ができてしまいます。そこには歯ブラシなどの清掃器具は当たりにくく、そこからむし歯が再発していきます。特に神経を抜かれてしまっている歯はむし歯が進行してきていても痛みがでないので、抜歯寸前の状態になるまで気が付かない時もあります。

実に、私達歯科医が毎日行なっているむし歯治療の80%が治療のやり直し、つまり歯と被せ物や詰め物との繋ぎ目からのむし歯の再発なのです。

被せた歯を長持ちさせるためには、歯垢が溜まりにくい清掃性が良い被せ物、つまり歯と被せ物との繋ぎ目がピッタリ合った被せ物が必要です。

残念ながら、被せ物を歯にピッタリ合わせるのは簡単ではなく、精確な型が採れる技術を持った歯科医と精確な被せ物作れる歯科技工士との連携がなければ不可能です。

一本の歯の被せ物の型採りに最低でも一時間をとり、マイクロスコープを使って最大限精確な型採りを行います。そして、マイクロスコープを使って歯にピッタリ合った被せ物を作ることができる歯科技工士とも提携しています(歯科ハンドピース)。

むし歯予防は、日々の歯ブラシ、フロス、歯間ブラシなどによる清掃が重要です。清掃性の良い被せ物を入れてむし歯の再発を抑え、歯を長持ちさせましょう!