Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

アモママブログ

あっという間に時が過ぎ・・・何かにチャレンジしたくてブログに挑戦!

治療中の痛みはどの程度ですか?

痛みがまったくないとはいえませんが、想像されているより痛くありません。ブラケットにワイヤーを装着すると、歯のでこぼこを治そうと持続的に歯に力がかかります。

f:id:hakeyoe:20161227120056j:plain

歯が動く時には、骨の中の歯根周囲で炎症反応が生じ、それが痛みの原因となっています。そのとき、虫歯の痛みと違った歯が浮くような感じがする場合や、物をかむときに鈍い痛みを覚えることがあります。
この痛みは数日続くことがありますが、1週間くらいで消失します。当院では治療初期には極めて弱い力で歯を動かしますので、炎症の度合いが少なく、あまり痛みを感じることはないでしょう。

装置が壊れたり、紛失してしまった場合はどうすればいいのですか?

矯正装置は、矯正治療期間内にだけ効果を発揮する器具です。そのため、壊れたり、紛失してしまっては、歯を動かすことができません。また、矯正装置は入れ歯などと異なり耐久性を求めることが目的の装置ではないので、治療中に壊れてしまうことがあることをご理解下さい(歯科用 ハンディートーチ)。

f:id:hakeyoe:20161227120111j:plain

いずれにしても装置が壊れた、紛失した場合は、なるべく早くご連絡ください。当院は、矯正医が常勤でいますので常時急患は受け入れいます。次回のお約束日にでも大丈夫な場合と、至急修正する必要がある場合があります。
まずは状態をお聞きいたしますので、必ずご連絡ください。

矯正装置を着けたら、食べ物の制限はありますか?

基本的に制限はありません。治療を始めたばかりの頃は、ワイヤーが細く柔らかいのでキャラメル、ガム、グミなどが引っ掛かり、ワイヤーが外れてしまうことがありますので控えたほうが無難です。
しかし、ある程度治療が進めば基本的に食べ物の制限は少なくなります(ルートエレベーター)。