Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

アモママブログ

あっという間に時が過ぎ・・・何かにチャレンジしたくてブログに挑戦!

歯が悪くなるのは老化だと思っていませんか?

f:id:hakeyoe:20151013125850g:plain

歯のトラブル 『もう私もそういう年なので、仕方がないですよね…』
診療室で患者さんから、このような言葉を聞くことがよくあります。
たしかに、高齢の方ほど歯が少ないということは、国の統計調査からみても明らかな事実です。

f:id:hakeyoe:20151013125856g:plain


しかし、歯が老化で悪くなるというのは、大きな誤解なのです。
歯を失う主な原因は、「むし歯」と「歯周病」という2つの病気です。
“老化”や“老衰”ではありません。(ブラシレスモーター)
突発的な事故(外傷)や特殊なケースを除けば、あくまでも病気が原因で歯は失われるのです。
そうであるなら、きちんとした予防や治療を行えば、歯を失うリスクは少なくすることができるはずです。
病気を治療して健康を回復すれば、あるいは予防によって健康が維持されれば、歯を失う理由はなくなります。(歯模型
1本の歯も失うことなく生涯自分の歯で過ごすことは、理論上は可能なのです。

当院はこの考え方を原則として、歯科診療に取り組んでいます。