Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

アモママブログ

あっという間に時が過ぎ・・・何かにチャレンジしたくてブログに挑戦!

小児矯正-健全な大人の歯に生え変わるために

「矯正を始める時期は早いほうがよい」と言われます。なぜなら混合歯列のときから矯正をすることで、健全な永久歯を虫歯になりづらいように並べることができるからです。きれいな歯列は見た目だけでなく、汚れが溜まりづらく、歯ブラシも当てやすいので清掃性が非常によくなります。

f:id:hakeyoe:20170213151340j:plain

また、噛み合わせが悪いため食事がうまくできず、成長に大切な時期に栄養バランスが崩れてしまうことも防げます。乳歯のときの歯並びが永久歯に影響してしまうことも同時に守れる、この永久歯に生え変わる前がチャンスなのです。

歯並びが乱れているとこんなリスクが

歯並びが乱れていると歯磨きがしづらいので、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。また、食べ物をしっかり噛めないので偏食になったり、全身の成長に差支えてしまうことも考えられます。お子さんの歯並びで気になることがあったら、まずはドクターに相談してください(歯模型)。

●歯並びの乱れから引き起こされるリスク
●歯磨きがしづらいため、虫歯や歯周病になりやすくなる
●舌の位置がずれてしまい、スムーズに発音できなくなる
●食べ物をしっかり噛めないため、消化が悪く栄養バランスが崩れる
●食べ物をあまり噛まなくなるので、全身のバランスが崩れて姿勢が悪くなったり頭痛が起きたりする
●歯並びの悪いことが気になり、元気よく話したり思い切り笑ったりできなくなる(歯科レントゲン)